レコードのインポート スクリプトがわかりやすくなった

FileMaker Pro Advanced 17 から Claris FileMaker Pro 19 にアップグレードして最初に気づいた点見つけたので忘れないうちに書く!!

  1. WelcartからCSV形式のファイルで商品データをダウンロード
  2. そのファイルをFileMakerに取り込む

その際にスクリプトでレコードのインポートを使用するのですが

インポート順の設定のUIというかビジュアルが大きく変わって初心者の方でもわかりやすくなったかもしれない

FileMaker Pro Advanced 17
Claris FileMaker Pro 19

拡大

何のために商品データを取り込む

  • 注文データを取り込む際に商品画像や原価などリレーションから取り込むようにするので売上・原価などの管理も同時に把握できるようになる
  • 注文データを取り込む際に商品画像も表示できるので商品のご発送など起こらないようになる
  • 商品データをリレーションで連携することで納品書や請求書を画像データつきで作成できるようになるのでお客様にもわかりやすくなる

コメントを残す